2011年07月29日

チャーリータカの海外不動産投資法

初めてチャーリーさんの考え方を知った、3年前の衝撃は、今でも忘れられません。
30代で自己破産を経験し、再び軌道に乗った事業も傾きかけていたため精神的にも弱っていました。

はじめは、半信半疑でしたが、思い切って一歩踏み出し、チャーリータカの海外不動産投資法を実践をしていくうち、
今までの迷いや不安が「これなら億の資産ができる」という確信に変わりました。
この方法が、間違いなく私の人生を変えました。

初めて聞いた時は、「そんな上手い話があるわけない!」と思っていたのですが、そんな上手い話はありました(笑)
今では世界3ヶ国に高級不動産を所有しています。

結局33歳で毎月120万円の収入を確保できるようになったのでお水を引退することに決めました。
家族4人で暮らしていくには十分な額なので、これからは家族との時間を大切にしながら、
チャーリータカの海外不動産投資法で資産家を目指そうと思います。
posted by 個人投資家 at 14:16| 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

投資信託の基準価格が高いフィデリティ社

投資信託において、基準価格とは1口当たりの時価になります。 投資信託の時価総額は、組み入れている株や債券などの有価証券の価格変動にともなって変化しますが、基準価格の算出は、有価証券の価格変動に、利息・配当金などを加えて資産の時価総額を算出し、さらにそこから運用にかかるコストを差し引いて純資産を計算して、それを1口当たりに換算して求めます。 基準価格は投資信託の買い付け代金や解約代金を計算する基準となります。 現在のところ、国内株式型のファンドの中で一番基準価格が高いのは、フィデリティの運用会社で扱っているファンドで、「フィデリティ・日本小株型・ファンド」でしょう。 7月10日時点で、基準価格が29,000円代になっており前日比も31円上がっています。 このファンドは日本の証券取引所に上場されている株式のうち、小型株を主要な投資対象とします。 個別企業分析により、比較的規模の小さい高成長企業を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる 株価水準で投資を行ないます。 選定の基準としては、市場平均に比較し成長力があり、その持続が長期的に可能と判断される企業という事になっています。 もうひとつ基準価格が20,000円代になっているファンドが「フィデリティ・日本バリュー・ファンド」です。 両方ともフィデリティの運用会社が扱っているファンドになります。 フィデリティグループは米国最大の資産運用会社のフィデリティ・インベストメンツを背景に、合的な金融サービス会社として世界をリードしており、個人および機関投資家に対し、投資信託運用や退職金プラン、証券売買・株式投資サービスを直接または金融機関を通じて提供しています。 投資信託においても注目されている運用会社のひとつといえます。 50代の男性・女性の転職に役立つ資格ガイド 50代からの転職・求人情報 就職サポート
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(51) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

投資信託の歴史


日本で初めての投資信託は、1941年に野村證券が委託者とし野村信託を受託者とする投資信託が設立したのが始まりといわれています。
翌年には野村證券をはじめ、5社の証券会社が委託者として業務を開始しました。
1945年には第2次世界大戦の終結により募集が打ち切られ、1948年の株価高騰を機に1950年3月まで順調に償還しました。

戦後の投資信託は、株式市場が沈滞している中で、1951年に再開されました。
その年に証券投資信託法が公布、施工され、現在の日本における投資信託制度の法律的基礎が確立しました。
翌年には大和證券が日本で初めて追加型投資信託「大和オープン」の募集を開始します。
1959年、日興・野村・山一・大和証券で兼営の投資信託委託業務を分離する為に投資信託委託株式会社を設立しています。

1961年には公社債投資信託が開始され、投資信託は飛躍的に発展していきます。
しかし1965年の証券不況により、投資信託は試練期を迎えました。
この時に大蔵省は証券投資信託法の改善策を検討し、1967年に受益者の保護と証券市場の健全な発展を徹底する為、委託会社の受益者に対する忠実義務の明示等を規定した「証券投資信託法の一部を改正する法律」を公布、施工しました。

その後日本の経済成長に伴い、株式市場も活発化していきます。
その中で投資信託も順調に伸びていきました。
それからは株式市場の急落で長期に渡って低迷が続いたり時期もありましたが、1992年5月にMMFが設立され有利な金融商品として投資家から評価を受けています。

50代の貯蓄と医療保険の比較・選び方
50代で独立・起業する人のための支援サイト
50代からの雇用条件と中高年の就職情報
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

国内債権型投資

国内債権型の投資信託は、国が発行する国債や、地方自冶体が発行する地方債、企業が発行する社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託です。
債権は借用書のような物ですから、債権購入者は発行者に対してお金を貸した事と同じになります。
債権の発行者は期間内に借りたお金を返済し、それに対して利息を支払う事を約束します。
発行者がお金が払えなくなる状態にならない限り、預貯金と同じように元本の返済と利息の支払いが約束されてるという事になります。

国内債権型の投資信託はこの性質を取り入れ、債権を組み入れる事により安定的な利回りで収益を得るという目的で作られたファンドです。
このタイプのファンドの中で特に安全性が高い運用が行われているファンドがMMFや短期公社債投信などが挙げられます。
債権は株式と比べて価格変動のブレが小さく、安定しているので、これに投資するファンドの運用実績も、株式型に比べると安定しているといえます。
その代わり債権の利息による収入や値上がり幅は、株式の配当、値上がり幅と比べればかなり見劣りするでしょう。

投資の運用が安定しているのを一番に考える人は、このようなMMFや短期公社債投信のファンドが向いているのではないかと思われます。
例えば、野村アセットマネジメントで扱っているノムラ短期債権オープンのファンドは現在、この会社の国内債権型ファンドの中で一番、基準価格が高くなっています。
この商品は「2年程度の期間、着実に運用されたい投資家に最適です」となっています。

電子マネーの種類と決済方法の基礎知識
50代からの転職・就職支援ガイド
50代の人材派遣・ハローワーク案内
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

海外債権型投資の特徴

海外債権型の投資信託は、日本だけでなく海外の市場で取引されている債権に投資する事で、幅広い収益を追求できる事を目的としたファンドです。
もしある国の債権市場が悪くなっても、他の国の債権で補う事が出来る事から分散投資の効果がかなり高く、株式に投資するタイプのファンドよりも安定的な成果が見込める事が期待できるといえるでしょう。
このファンドタイプでは、5?10%の利回りを目標にしているようです。その分リスクを低く設定します。

国内債権型の投資信託と同じで、国が発行する国債や、地方自冶体が発行する地方債、企業が発行する社債にくわえ、短期金融商品に投資する投資信託ですが、外国の債権の方が日本の債権より利回りが良いケースが多いようです。
また海外の市場に投資する事で為替の差益も期待できるでしょう。
しかし注意すべき点は、海外の債権はバリエーションが豊富でその分いろいろな企業が発行しているという事もあり、中にはハイリスク・ハイリターンを狙う商品もあります。

基本的には、安定収益を追求する人に向いているのかもしれませんが、場合によっては多少のリスクがある事を考えなければいけないでしょう。
このタイプのファンドはいろいろな種類がある事から、リスク・リターンがそれぞれ微妙に異なる場合が多いようです。
そこで選択した商品が何に投資しているか、投資対象を細かくチェックする事が投資を行っていく際に重要なポイントになります。

電子マネー ウェブマネーの利用方法
電子マネー比較とお得な購入方法
電子マネーの種類 比較サイト
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

VISTAというファンド

投資信託の中でVISTAというファンドがあります。

VISTAはマザーファンドを通じて、主にベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコアルゼンチン)諸国の関連株式等に投資することによって信託財産の中長期的な成長を目指します。
VISTAの名称は上記の諸国の頭文字をつなげたものでしょう。

VISTAの規定はマザーファンドにおいて、VISTA諸国について、各々1%から50%の範囲で国毎の基本資産配分比率を定めており、ファンド設定時の国別基本資産配分は、ベトナム5%、インドネシア25%、南アフリカ35%、トルコ30%、アルゼンチン5%としています。

また市場の見通しに応じて、国別基本資産配分からプラス・マイナス15%の範囲内で、国毎の資産配分比率を変動させることがあります。
ただし、1カ国への資産配分比率は1%を下回らないものとする事としています。

電子マネー ネットマネー利用のメリット
電子マネーでクレジットカード利用方法
電子マネー ネットマネー 好感度ランキング
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

VISTAの投資信託

経済研究所では、通貨危機のようなショックが起こらない限り、VISTA5ヶ国の経済規模は50年後には28倍になると見込んでいます。
そのひとつに豊富な天然資源が挙げられます。

必要な資源の多くを自国でまかなえることは大きなメリットです。

インドネシアの天然ガスは世界一の輸出量を誇っており、南アフリカの金鉱は世界一の生産量があります。
その他にもベトナムの原油、石炭やアルゼンチンの鉄、銅などもあります。

それからVISTA諸国の労働力は増加傾向にあります。そして個人消費の伸びも日本と比べると平均3倍以上になっています。

これらの要素からの投資信託の中でVISTAは長期的な経済発展を見て、かなり有望なファンドといえるでしょう。


新幹線で出張ならエクスプレス予約
電子マネーとカードのお得な使い方
電子マネーの種類 賢い利用方法

posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

投資信託リスク

投資信託は預貯金と違いリスクがつきものです。
必ずしもお金が増えるというものではなく、減る可能性もあるというものです。
ですから、いちばん大事なことは、リスクが高いものに対しては、余裕のあるお金で投資をする事です。
たとえば、安定性を第一に考えたい生活資金や準備資金のようなものを、高いリスクをとって高い収益を狙う投資につぎこむのは危険といえるでしょう。
すぐに使う予定のあるお金はリスクが低めのもの、長期で運用できるものは少しリスクが高めのものへ投資するというのが一般的なスタイルです。
投資に使うお金は投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶ必要があると思います。

出張パックガイド 大阪 東京 福岡発
格安出張 ビジネスツアー案内
出張割安プラン案内サイト
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

投資信託の選び方

投資信託の選び方のコツとしては、まず高いリスクで高い収益を目指すのか、高い収益の期待は少なく安定的なファンドを選ぶのかを考えます。

そしてそのファンドは何に投資しているのか、国内型か海外型か、運用スタイルも含めて、ファンドの特色を把握しておきます。
運用期間が決められているか、無期限なのかなどの確認や投資家が負担する手数料および税金の金額のチェックも重要なポイントです。

海外に投資する時は、円高、円安が基準価格に影響するのでチェックしておく必要があるでしょう。
最後に、大事な収益分配金が投資家に直接支払われるものなのか、自動的に再投資に回されるものなのか把握しておく必要があります。
以上の事は最低限考えて投資信託を選ぶ必要があるでしょう。

格安出張ビジネスパック案内
海外出張格安プラン・格安パック
旅行会社の格安出張パック比較ガイド


posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

投資信託の解約

現在、日本の投資信託のほとんどが契約型の公募投資信託です。
その税制は収益分配金および償還金のうちの元本超過額に対して、20%の源泉分離課税が行われます。

税額は販売会社が収益分配金や償還金を支払うときに徴収して税務署に納税します。自分で申告したりする必要はありません。
投資信託を解約する場合は、解約価額の元本超過額に対して20%が税金として源泉徴収されます。

これが投資信託の税制の基本ですが、追加型株式投資信託の場合だけは税金の計算がやや複雑になります。

それは追加型株式投資信託は時価で追加設定が行われるため、元本が変動するからです。


借金の時効についての問題
JAマイカーローンの金利優遇制度
格安の出張プラン比較サイト
posted by 個人投資家 at 00:00| Comment(0) | 個人投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。